ラドー RADO

ラドー RADO ラドー RADO

RADO

ラドー

一見してそれと分かる近未来的でモードな装いが際立つラドー。独特な質感を有したその前衛的なデザインのみならず、人体に優しい低アレルギー性、優れた装着感を担保しながら、腕時計としての耐久性をも追求したハイテクセラミックをはじめとしたラドーの時計づくりは業界でも高い評価を受けています。1983年には世界最大規模の時計グループであるスウォッチ グループ(当時はSMHグループ)への仲間入りを果たし、スウォッチ グループの中核を担っています。

もっと詳しく見る

249件中

130

ABOUT RADO

  • ラドーの誕生

    ハイテクノロジーを駆使した素材の分野でパイオニアといえるラドーの誕生は1917年。スイスのレングナウにてその歴史をスタートさせました。脈々と続く歴史の中で、大きな転機が訪れたのは1962年、ハードメタルを使用した高い耐傷性を誇るダイアスターのリリースにより世界中にその名を轟かせます。以降も新素材開拓を追求し続け、ハイテクセラミックスをはじめとして、数々の革新的な素材を腕時計に落とし込み、現代の錬金術師と称されています。

  • マテリアルへのこだわり

    超硬金属ケースを纏ったダイアスターのリリースを皮切りに、ラドーは次々と新素材を腕時計に取り込みます。風防にサファイアクリスタルを採用したのもダイアスターの発表と同じく1962年とマテリアルに対する先見の明を持っています。他にもプラズマ ハイテクセラミックスやセラモスなど、耐久性のみならず、着用感や質感にもこだわったマテリアルを生み出します。まさにマスター・オブ・マテリアルズと標榜するにふさわしい時計メーカーといえるでしょう。

  • 人気急上昇のキャプテン クック

    多くのユーザーに対応すべく、ラドーは豊富なラインアップが展開されています。その中でも現代の探検者をコンセプトにつくられたキャプテン クックは近年、最も力を入れているコレクションです。ラドーの伝統的なフォルムをまといながらも、セラミック素材などの先進的な素材を駆使した作りで多くの人気を呼んでいます。他にも、ユニークなダイヤルデザインが目を惹くトゥルーやブレスとケースが融合した美しい曲線を描くシントラ、ダイアスターのDNAを継ぐオーバルケースが印象的なD-スター、ジュエリーライクに使えるレディースのジュビリー、デザイナーのジャスパー・モリソンが手掛けたr5.5など幅広いラインアップが揃います。

繝励Ξ繧シ繝ウ繝  螂ウ諤ァ 繧ヲ繧ェ繝繝  Longines  IWC  閻墓凾險  譎りィ  繧ヲ繧ェ繝繝  蜑イ繧雁シ輔″譎りィ  閻墓凾險 莠コ豌 繝悶Λ繝ウ繝  閻墓凾險 讖滓「ー蠑  繝輔ぃ繝繧キ繝ァ繝ウ繧ヲ繧ゥ繝繝  閻墓凾險 繧サ繧、繧ウ繝シ  繧ク繝」繝繧ッ繝ュ繝シ繝  閻墓凾險 iwc  閻墓凾險 繧、繝ゥ繧ケ繝  閻墓凾險 縺繧峨↑縺  閻墓凾險 ice  閻墓凾險 荳逕溘b縺ョ  閻墓凾險 繧、繧ソ繝ェ繧「  閻墓凾險 繧、繝ウ繧ケ繧ソ  繧ソ繧ー繝帙う繝、繝シ  譎りィ 騾夊イゥ  繝悶Λ繝ウ繝  閻墓凾險 繧ヲ繝悶Ο  閻墓凾險 陬剰搭  閻墓凾險 阮縺  閻墓凾險 螳螳  閻墓凾險 蜍輔°縺ェ縺  繝。繝ウ繧コ閻墓凾險  閻墓凾險 阮蝙  閻墓凾險 蜿ウ閻  繝ュ繝ャ繝繧ッ繧ケ  OMEGA  watches 諢丞袖