セイコー SEIKO

セイコー SEIKO セイコー SEIKO

SEIKO

セイコー

創業から約140年が経過する国産時計セイコー。1913年に国産初の腕時計ローレルを発表、1964年手巻き式クロノグラフ、1969年には世界で最初期に数えられる自動巻きクロノグラフ、そしてスイス時計業界を震撼させたクオーツ時計アストロンの発表、1999年には自動巻き、手巻きに続く第3の機構スプリングドライブを発表するなど数々の偉業を成し遂げてきました。2017年にそれまでトップモデルに位置していたグランドセイコーが独立したことで、プレザージュ、プロスペックス、アストロンを主要モデルとして国産時計を牽引し続けています。

もっと詳しく見る

2,139件中

130

ABOUT SEIKO

  • 国産時計初のダイバーズ時計が完成

    先述している通り多くの偉業を成し遂げてきたセイコーの約140年にわたる歴史。国産時計最高峰、後に世界最高峰の実用時計を目指したグランドセイコーによるトラディショナルライン、その極みに対極するクオーツ、キネティック(自動巻き発電システム)、スプリングドライブによるモダンなラインと大きな棲み分けを駆使して同社はその存在感を増して脈々とその歴史を歩んできました。2017年以降はグランドセイコーを高級路線に特化させ、既存のセイコーラインをベーシックな位置付けで展開しています。

  • 機械式はプレザージュが牽引

    2017年にグランドセイコーが独立したことで機械式コレクションの最上位に位置することになったのがプレザージュ。国産時計らしさを強調するため漆、琺瑯、有田焼など和風テイストを強めた商品力で展開しています。スポーツコレクションには半世紀以上の歴史を誇るプロスペックスが鎮座。1969年にクオーツショックで席巻したアストロンの現行は世界初のGPSソーラーを備えたビジネスライン。他にもブライツ、セイコーセレクションなど多彩なバリエーションがラインアップされています。

  • 毎年話題の限定モデル

    豊富なバリエーションを誇るセイコーの中でも最も人気が集中するのが限定モデルの存在です。創業年や初代モデルの節目に販売されることが多い限定モデルは生産数が少ないことから入手困難になるケースも珍しくありません。プロスペックスコレクションであれば初代モデルを記念したアニバーサリーモデルや販売チャネルを限定した流通モデルが人気を集めています。アストロンでは大谷翔平選手、ノバク・ジョコビッチ選手とのコラボレートモデルが毎年大きな話題を呼んでいます。

繝励Ξ繧シ繝ウ繝  螂ウ諤ァ 繧ヲ繧ェ繝繝  Longines  IWC  閻墓凾險  譎りィ  繧ヲ繧ェ繝繝  蜑イ繧雁シ輔″譎りィ  閻墓凾險 莠コ豌 繝悶Λ繝ウ繝  閻墓凾險 讖滓「ー蠑  繝輔ぃ繝繧キ繝ァ繝ウ繧ヲ繧ゥ繝繝  閻墓凾險 繧サ繧、繧ウ繝シ  繧ク繝」繝繧ッ繝ュ繝シ繝  閻墓凾險 iwc  閻墓凾險 繧、繝ゥ繧ケ繝  閻墓凾險 縺繧峨↑縺  閻墓凾險 ice  閻墓凾險 荳逕溘b縺ョ  閻墓凾險 繧、繧ソ繝ェ繧「  閻墓凾險 繧、繝ウ繧ケ繧ソ  繧ソ繧ー繝帙う繝、繝シ  譎りィ 騾夊イゥ  繝悶Λ繝ウ繝  閻墓凾險 繧ヲ繝悶Ο  閻墓凾險 陬剰搭  閻墓凾險 阮縺  閻墓凾險 螳螳  閻墓凾險 蜍輔°縺ェ縺  繝。繝ウ繧コ閻墓凾險  閻墓凾險 阮蝙  閻墓凾險 蜿ウ閻  繝ュ繝ャ繝繧ッ繧ケ  OMEGA  watches 諢丞袖